会うだけで運気アップ、開運ナビゲーターの紅玉です。

前に、生き方に正解はない、という話を書きました。

そこに共感できる人もいてくれたかなと思います。

今回は

子育てについて書いてみたいと思います。

 

子供の将来の事を思って、アレコレと手を尽くす

親御さんを最近よく見かけます。

親として、できるだけの事をしてあげたいと言う

気持ちはよくわかります。《なんせ私も育ててきましたから》

ですが〜

時として、子供が自分の意にそぐわない方向に

進んでいってしまった時、

それをなんとかしようとするのは

いったい、誰のためでしょうか?

本当に子供のためでしょうか?

 

ともすれば、自分の願いを子供に勝手に押しつけて

自分の思い通りにしようとしている、という事は

ないでしょうか?

ある程度までは、親心で良いと思います。

でも、たとえ親心でも、越えてはいけない人生の

一線というものがあるのではないでしょうか?

ここをこえるということは、

子供の人生を否定してしまう、自分の物に

しようとする事と変わらないです。

どんな状態であれ、

子供が自分の選んだ人生を

自分の責任で持って生きていく、その姿を

信じてそーっと見守る、これが本当の

親心であり、私達親に必要な勇気ではないでしょうか?

なーんて言いながら、

いくつになっても、子供と思って、

つい世話をやいてしまう私もいます?

 

だから、最近は、猫ののびに相手をしてもらってます?

 

IMG_7028