会うだけで運気アップ、開運ナビゲーターの紅玉です。

悩みで多いのが、何と言っても人間関係です。

人と人とのことなので、いろいろ悩みもありますよね〜。

その中で、今日はママ友との付き合い方について書いてみようと思います。

私も、ママ友として知り合って、今も仲良くしている友達がいます。

古くは、マタニティ時代からの友達もいます《マタニティスイミングをやってたんですね〜〜》

でもこれは、まだ出産前なので。私自身が知り合ったということですが。

子育てが始まると、公園デビューに始まり、幼稚園、小学校と、成長するにつれ、

親子同士のお付き合いが始まります。

幼稚園時代は、子供だけで行き来もできないから

親子一緒が多いです。家族ぐるみのお付き合いも

できてきますね。

小学校は高学年になっていけば、子供同士の

付き合いになるから、親は少し楽になります。

でも、ここで大切なことは、

子供を通して、知り合った人《ママ友》は

子供の友達のお母さん、であって、

自分の本来の友達ではありません。

子供同士が仲良くなっても、親が同じように仲良くなれるのかは、別問題です。

 

あそこの子供が〇〇を習っているから

同じように、自分の子供にもさせよう。とか、

〇〇ちゃんちのお母さんが、、、ああ言ってるから

うちもそうしよう。《本当は気が乗らないけど》とか、

子供のために、子供が喜ぶから、と思って

同じようにしたいと、付き合わないとと、

流されてしまってはダメですよ。

流されグセですね〜。

でないと、そういう人は、何かで子供同士が揉めちゃったりした時にグーンと心が

落ちやすいから、立て直すのが大変です。

自分が黙っていれば、ママ友との仲が円満だから、と。

そういう思い込みはやめましょう。

一歩引いて、見つめてみましょう。

その人が、子供同士だけでなく、自分自身の友達になってくれる人かどうか?と。

ちなみに私の場合のママ友は

子供同士はただの同級生レベルの話で《仲良しでもなく。》

私の直感で知り合った友達ばかりです。

なので、今もずっと仲良くしてもらっています。

類は類を呼ぶってところですね〜😀

ママ友と言えど、同じ人間同士です。

一緒にいて、

やっぱり楽しいなぁーと思える人がいいですね〜😀

 

img_6492