会うだけで運気アップ、開運ナビゲーターの紅玉です。

前に「運を貯める」ということを書きました。

じゃあ、運は貯めっぱなしで良いと思いますか?

いえ、運は使わなくては意味がないです。

では、運はいつ使うのでしょう?

《今でしょ、って言いたいですが💦笑》

それは自分が、運が良いなあ〜〜と思えた時。

人が器、運が水とも例えました。

「運の水」が一杯になったとき、

自分が、今、このタイミングでならできると

思えた時が。使い時です。

その時に、やっぱり無理かも?

まだ自信がないんだ。と思ってしまったら、

運の神様が、

そうなんだ。いらないんだ、と判断してしまい、

じゃあ、もう一度最初から水を貯めましょう、と

振り出しに戻ります。

《まあ、そこからまた運を貯めれば良いとも言えます》

じゃあ、溜まって溢れた水を飲み干せたら?

そうしたら、またもう一つ大きい器が現れます。

これは

一つ運が上がって、人生のステージが上がったことになります。

そして、水が溢れ出てたとき、他の人にも、分けてあげれたら、?

運の神様が、人の分も運を貯めれる器の大きい人なんですね、とさらなら飛躍ができます。

反対に、溜まる前に飲んでしまったら?

運はなかなか貯まらないから、人にあげるのなんて勿体無くてできない、っていう、残念だけど、

器の小さい人になってしまいます💦

溢れるくらい、たくさん貯めて貯めて、そうしたら

みんなにもあげるよーって

人のために使いたくなりますよね。😀

人のために生きると、感謝が自然に集まってきて、

運気の周期とタイミングが重なれば、、

運の水を思い切り、自分で使えることになります。

それがさらなる、運気アップになっていくんですねー😀

 

img_6005